So-net無料ブログ作成
検索選択

京都下鴨神社:「蹴鞠初め」 [行事・祭]

1月4日に、京都の下鴨神社の本殿前で、「蹴鞠初め」の行事が行われました。
色鮮やかな王朝衣装を身にまとった鞠人達による優雅な蹴鞠が、披露されました。
蹴鞠は、平安時代に貴族の間で行われ、明治維新まで続けられてきましたが、
それ以降は、100年以上にわたり蹴鞠保存会の人達によって、継承されてきたそうです。

蹴鞠の始まる前、1時間以上にわたって、蹴鞠の歴史や下鴨神社などに関しての詳しい説明が
ありました。

蹴鞠の開始前には、古式豊かな儀式が執り行われました。

優雅な蹴鞠の様子をご覧下さい。蹴鞠は、勝ち負けを争うものではなく、また制限時間もなくて、
自由に楽しむ遊びとのことでしたが、蹴り方には様々な規則があって、結構難しいようですね。
鞠は鹿の皮で出来ていますが、空気も一杯に入っていなくて、紙風船のような感じに思いました。

1回が8人で、メンバーが交代しながら、3回の蹴鞠が披露されました。
鞠が地面につかずに、長い間蹴り続けられた時には、観客から大きな拍手が送られていました。

私は約1時間前に本殿前に到着しましたが、既に4~5重の人垣で、物凄い超満員には
驚きました。小さな脚立を持参しましたので、何とか写真撮影が出来ました。
前の方の人は、2~3時間位前に到着されたようでした。行事の撮影に脚立は必須です。


nice!(15)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

大文字送り火 [行事・祭]

京都では、8月16日に京都の周囲の山々の中腹に、お盆の送り火が点灯されます。
「右大文字」「左大文字」「妙法」「舟」「鳥居」の五つの送り火が、午後8時から順次点灯されて
ゆきます。

今年は初めて、嵐山での「灯篭流し」と、ここからの「鳥居」の送り火を見に、嵐山に出掛けました。
夕方から夜の川辺では、涼しい風も吹いて、読経の響くなか、渡月橋の近くからは、
多くの灯篭が
次々と
流されてゆきました。

送り火のなかでは、一番最後に点火される奥嵯峨の山の中腹にある「鳥居」の送り火が、
嵐山の渡月橋の上の方に浮かび上がって、ご先祖さまをお送りする京都のお盆の行事も終わりに
近づきました。

昨年は、広沢の池から「鳥居」の送り火を眺めましたが、あまりに多くのカメラマンで、
広い池の周りには、三脚を立てる場所も無いほどでしたので、今年は嵐山へ出かけてみました。
嵐山も大変な人出でしたが、カメラマンの数は、あまり多くなかったようでした。

京都のお盆も終わりましたが、これから暫くは、また酷暑の毎日と思います。


nice!(15)  コメント(10)  トラックバック(2) 
共通テーマ:アート

祇園八朔の行事(2) [行事・祭]

祇園の芸妓さん、舞妓さんたちの挨拶回りの写真(続き)です。

お茶屋さんへの挨拶回りの間の、暫しの会話です。

こちらも挨拶回りの途中の舞妓さん。

芸妓さんと舞妓さん、衣装や髪型ばかりでなく、お化粧も違いますね。左端が舞妓さんです。

写真撮影の舞台裏:
祇園花見小路で、芸舞妓さんが、お茶屋さんへの挨拶を終えて、自動車に・・・。
この時にもカメラマンが殺到。有名な一力茶屋の前では、多くのカメラマンが、坐りこんで待機。
祇園町一帯のあちこちで、このような状況で、多くの重装備のカメラマンには、驚きました。


祇園八朔の行事(1) [行事・祭]

8月1日に、祇園の芸妓さんと舞妓さんが、お稽古の師匠宅やお茶屋さんへ挨拶をして回る
八朔の行事が行われ、真夏の京都にもかかわらず、黒紋付の正装姿で、祇園町のあちこちを
行き交い、多くのカメラマン観光客で大変な人出になりました。

芸妓さんと舞妓さんが、次々に連れだって、有名な「一力茶屋」へ挨拶に・・・。

同じく「一力」へ挨拶に訪問の舞妓さん。

暑い中を次々と挨拶回りの芸妓さんと舞妓さん。素敵なお二人でした。

こちらも数人で挨拶回りの芸妓さんと舞妓さんたち。「だらりの帯」が素敵です。

7月下旬に、祇園のお茶屋さんで、会合があり、舞妓さんの京舞を楽しみ
またお酌もしてもらう機会がありました。その時に、この八朔の行事のことを聞き、
短時間でしたが、カメラ1台のみを持参で、出掛けました。

祇園の花見小路に、ぶらりと行って、ビックリ。祇園町一帯は、多くの重装備の
カメラマンで超混雑、交通整理のお巡りさんも出動の状況でした。

芸舞妓さんの周囲は、カメラマンで取り囲まれて、人を入れないように撮るのも
一苦労でした。
これだけ多くの芸妓さんや舞妓さんの姿を見ることが出来るとは、思いません
でしたが、京都の情緒たっぷりな行事でした。でも暑かったでしょうね。

撮影は、ニコンD200と18~200mmの手振れ補正のレンズ(初撮影)で、
このような撮影には最適でした。次回も続きの写真を掲載の予定です。


祇園祭山鉾巡行 [行事・祭]

今年の山鉾巡行の日は、雨降りで写真撮影は断念しましたので、
皆様方に山鉾巡行のご紹介を、と思いまして以前に撮影の写真を
掲載させていただきます。

宵山の雰囲気とは、また違った祇園祭山鉾の巡行です。

四条烏丸近くから四条通を東に進んで、河原町通へ左折するところです。
自動車は、差動ギアーのお陰で自由に回れますが、山鉾は車輪が一本の
車軸でつながっているために、回転が出来ず、回るのには一苦労です。
車輪の下に竹を敷いて、音頭とともに滑らせて、向きをかえます。
辻回しと呼ばれていますが、正確に90度向きを変えるのが、また伝統の技で、
これが山鉾巡行の見どころの一つにもなっています。

鉾の上では、「コンコンチキチンコンチキチン」と、賑やかに祇園囃子が
奏でられて、祇園祭の気分も盛り上がります。

河原町通を左折して、広い御池通を列をなして巡行する多くの山鉾。
手前の鉾は、左折するために向きを変えたところで、これから狭い道路を
南に進みます。

京都の狭い通りを山鉾が巡行し、屋根が両側の建物に触れそうな感じです。
こうして32基全部の山鉾の巡行が終われば、祇園祭の最大のページェントは、
幕を閉じることになります。
ここに掲載の写真は、絵画風にアレンジしたものです。

例年は祇園祭が終わると、蒸し暑い京都独特の夏の到来です。

いつも nice & コメントを、大変有り難うございます。
私の方は、少しのんびりペースになりますが、また訪問させていただきますので、
宜しくお願い致します。


nice!(16)  コメント(14)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

祇園祭宵山 [行事・祭]

平安時代の869年に始まり、応仁の乱(1467~77年)で、お祭り
途絶えましたが、1500年に町衆の手で再興されたと云われる祇園祭。
今日17日は、山鉾巡行の日でしたが、32基の山鉾が、雨の中を巡行しました。
今日はカメラ持参で、出掛ける予定でしたが、雨降りで断念しました。

昨夜は宵山で、大変な人出でしたが、賑やかに祇園囃子も奏でられて、
情緒たっぷりでした。50~60万人の大変な人出だったようですが、
宵山もこの人出で、一層盛り上がるのかも知れません。



四条烏丸近くから四条河原町方面(東)を望む。夕刻から大変な人出で、
河原町から四条通をここまで歩くのが大変でした。遠くの山は東山です。

四条烏丸から、南北にはしる烏丸通の京都御所方面(北)を望む。
続々と多くの人達が、四条烏丸近辺へ。



四条烏丸から、四条通の西の方向を望む。この辺り一帯の狭い道路にも、
多くの山鉾がならび、狭い道路も身動き出来ない位の人・人・人でした。

 

次第に辺りが暗くなり、祇園囃子もあちらこちらで聞こえて、宵山の雰囲気も
盛り上がります。



珍しい船の形をした「船鉾」。



町屋の二階からは、祇園囃子の音が、一段と響きわたります。



船鉾の町内の子供たちが、歌を歌って、またお祭らしい雰囲気でした。



長い行列に並んで、月鉾に上がるのを待っている人達。
女性二人が、二階の並びから地上の知り合いにVサインを送っています。

9時過ぎには、自宅に向かいましたが、大混雑の中で写真を撮りながらも
結構宵山を楽しむことが出来ました。


nice!(19)  コメント(13)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

祇園祭の宵山(ご案内) [行事・祭]

7月の初めから祇園祭(日本の三大祭)の色々な行事が、始まっていますが、
特に7月の中旬からは、京都の街の中は、祇園祭の宵々・・・山~宵々山と続いて、
16日の宵山、17日の山鉾巡行と、祇園祭は最高潮になります。

多くの山鉾からは、「コンコンチキチンコンチキチン」と、祇園囃子の音が響いて、
祇園祭独特の情緒を楽しむことが出来ます。



宵山には、四条烏丸近辺の狭い道路は、身動きの出来ない位の混雑です。
団扇を手にした浴衣姿が、宵山にはよく似合います。
最近は若い女性の浴衣姿が多くなりました。

今年は、宵山と山鉾巡行が、休日と祭日にあたり、一層大変な賑わいに
なりそうですが、是非祇園祭をお楽しみ下さい。

宵山にお越しになる時には、地下鉄烏丸線の四条駅、または阪急の烏丸駅で
下車されれば、ここが宵山を楽しむスタ-ト地点で、夕方から烏丸通も四条通も
歩行者天国になりますので、ゆっくりと歩いて、見物をすることが出来ます。

祇園祭の詳細は、京都新聞の下記のサイトをご覧下さい。
http://www.kyoto-np.co.jp/kp/koto/gion/gion.html

ここに掲載の上記の写真は、以前に撮った宵山の写真(絵画風に加工)ですが、
次は鉾巡行の写真を掲載したいと思います。

 


nice!(22)  コメント(18)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

大絵巻展(京都国立博物館) [行事・祭]

京都国立博物館にて、「源氏物語絵巻」や「鳥獣戯画」などの大絵巻展が、
4月22日~6月4日まで、開催されています。

今日は非常に良いお天気でしたので、「大絵巻展」に行ってきました。
連休中でもあり、「源氏物語絵巻」や「鳥獣戯画」などの有名な絵巻には、
大変な行列でしたが、素晴らしい絵巻の数々を見ることが出来ました。

この旧陳列館は、明治28年に、帝国京都博物館として、設立されたものであり、
フランス風の建築で、西洋のお城のような建物です。
ロダンの「考える人」や噴水もあり、またこの時期には、さつき/つつじが咲いていて、
大変美しい景観でした。

上の写真は、購入しました「大絵巻展」の分厚い説明書の表紙の絵に、
入場券を合成したものです。

素晴らしい大絵巻展ですので、是非ご覧になることをお薦めします。
この博物館は、三十三間堂の向かい側にあります。

「京都写真館」

 


nice!(13)  コメント(14)  トラックバック(3) 
共通テーマ:アート

二条城 観桜お茶会 [行事・祭]

二条城は、家康の京都の住居で、戦のためのお城ではありませんが、
周囲には立派な堀がめぐらされており、大政奉還が行われた場所でも
あります。今は観光名所となり、年中大変な人出になっています。

桜満開の二条城で、観桜お茶会が開かれていました。
桜に囲まれた庭園で、やはり和服姿は情緒がありますね。

城内の広い庭園では、多くの桜が満開で、特に枝垂れ桜が
素晴らしかったです。

4月9日(日)に、東京からの皆さんと一緒に訪ねた時のスナップ写真です。


nice!(18)  コメント(14)  トラックバック(1) 
共通テーマ:アート

大忙しの巫女さん [行事・祭]

京都の八坂神社での神前結婚。本殿前のこの場所での結婚式の始まる
時間が近づいて、大忙しの巫女さん。

この場所では、節分祭の時には、豆まきなど、色々な情緒のある行事が行われ、
夜には提灯に灯が灯り、また京都らしい風情になります。

桜で有名な丸山公園は、八坂神社のすぐ隣ですので、これからの桜のシーズン
には、この近辺は、多くの人出で賑わうことでしょう。


nice!(15)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。